お問い合わせ 個人情報保護について

キルト綿・接着芯・生地・パッチワーク材料・手芸用品全般取扱

Handicraft makes life color and pleasure!
株式会社オルヌマン
インターナショナル・キルトウィーク横浜2011
パシフィコ横浜:2011年11月10日〜12日
キルトフェスティバルin新潟2011
中日が雨という足元の悪い中であっても、クリスマスムード満載の横浜でのイベントは例年のごとく活気に満ちていました。
バイリーン新商品『キルト芯KSP-100NWP』を先行販売したところ、すぐ完売! こちらは、薄手のキルト綿で大きなサイズが欲しいという要望を反映した形での商品となります。 ハンドでもミシンでも使える便利なアイテムです。正式には来年4月発売予定ですので、それまでお待ちください。 発売3年目となり人気も定着した『ログキャビン専用キルト綿』のデモンストレーションには、熱心に質問や相談を先生へされる姿が目立ちました。 目玉商品のお買得ドミット芯(薄手・厚手・接着)は20m巻ですが、グループ、教室、サークルなどでのご購入はもちろん、 個人でお求めくださる方も多く、大好評でした。
キルトフェスティバルin新潟2011
朱鷺メッセ:2011年6月23日〜25日
キルトフェスティバルin新潟2011
開催期間中は雨続きとなりましたが、会場となっている朱鷺メッセの入口付近に七夕飾りが見られ、初夏らしい雰囲気に包まれていました。
『キルト綿ジョイントテープ』を使えば、余った小さなキルト綿を接いでリユースできるとあり、エコ商品としてお求めになる方が続出。 メッシュクロスに便利な『あじろ編みテープ芯』は各サイズ共に根強い人気でした。テキスタイルのコーナーでは、作家さんの新作生地を熱心にチェックされる方が多く、ドレスデンプレートがプリントされている生地等は、瞬く間に完売!夏に向けて涼しげなシースルータイプの『畳の縁』でバッグを作ろうと思っている方や、持参された生地に合うキルト綿についてのご相談等、今回もお客様の声を直接聞ける充実した時間となりました。オルヌマンのブースへお立寄りの際は、スタッフまで相談・質問などをお気軽にどうぞ。
大阪キルトウィーク2011
ATCホール:2011年5月26日〜28日
大阪キルトウィーク2011
梅雨入りした最終日は雨にも関わらず大勢のキルターが来場され、中でも親子連れの姿が多く、期間中一番の活気に満ちていたような印象でした。
今回の人気商品は、バイリーン新製品『KN-7060WPミシンキルト用綿』と『ログキャビン専用キルト綿』。 ラインがプリントされたキルト綿を見て「初めてでも簡単そう!」「線引きする手間が要らなくてラクチンね」という声が多く、10m巻の『ログキャビン専用キルト綿』へ多数ご注文頂きました。目の前で先生が実演制作をしたマカロンチャームは、数量限定でキット販売したところ即完売!色々な生地や素材を組み合わせれば、世界に一つだけの素敵な作品が作れるので、ちょっとした贈り物としてお薦めのアイテムです。これからもオルヌマンでは、お客様視点で考えたオリジナル商品の開発・販売を手がけていきますので、是非ご期待ください。
東京国際キルトフェスティバル -布と針と糸の祭典2011
東京ドーム:2011年1月21日〜29日
東京国際キルトフェスティバル2011
10周年を迎え、これまで以上に賑やかに感じられた今年のキルトフェスティバルには、国内外より約25万人もの来場者がありました。オルヌマンのブース内ではカットクロスやノーションが入ったお得感満載の『10周年記念お楽しみ袋』が即完売!
一定額以上の商品をお買い上げの方(毎日先着100名様)へ花柄ランチバッグをプレゼントしたところ、A4サイズまで入るので通勤通学のサブバッグや、お買い物時のエコバッグとしても活用できると好評でした。『手軽にログキャビン!』のキャッチコピーどおりに『ログキャビン専用キルト綿』『カットクロス』『持ち手』の入った『オリジナルバッグキット☆キルトジャパン掲載作品』は、三日目にして完売するキットが相次ぎ注目度の高さを実感。クライ・ムキ先生によるサイン会&本の先行販売など、特別盛り上がったイベントになりました。
インターナショナル・キルトウィーク横浜2010
パシフィコ横浜:2010年11月26日〜28日
横浜キルトウィーク2010
晴天続きの横浜は、月末という事もあってか大盛況!弊社ブースでは、初日の午前中で完売した商品もあり、お客様の熱意に圧倒されつつ嬉しい悲鳴の出だしとなりました。
今までにない、ふんわりとした感触の『ソフトつめ綿』がついにデビュー!
ソフトな感触で、ぬいぐるみのつめ綿としてだけでなくトラプントキルトにもお薦め☆ すっかり定番アイテムとなった便利な『ログキャビン専用キルト綿』を使って、雑誌『キルトジャパン』で掲載されたバッグを手軽に作れるオリジナルキットご用意したところ、ブースで先生が実演しながら丁寧に説明してくれるとあって、初心者でも簡単に制作できると大好評でした。キルト綿をまとめ買いされる方や、探していた生地をカットクロスで見つけたと喜ばれる方など、賑やかで楽しく熱い三日間となりました。弊社ブースへお立ち寄りくださった方々、どうもありがとうございました。
大阪キルトウィーク2010
ATCホール:2010年5月20日〜22日
大阪キルトウィーク2010
第6回目となる関西最大級のキルト展示会は、初夏らしく気持ちの良い晴天に恵まれました。オルヌマンでは、バッグ素材として大注目の素材『畳の縁』を新発売!弊社が取り扱っている『畳の縁』は和風柄だけでなく、シックなシルバー系やモノトーン、明るいパステルカラーといったバッグに使いやすいラインナップが好評で、複数の色をまとめて買われる方が多かったです。ブースで行ったデモンストレーションでは、あっという間に『畳の縁』がバッグになっていく様子に見入る方が相次ぎ、ありがたい事に大盛況の三日間となりました。『ログキャビン専用キルト綿』や『キルト綿ジョイントテープ』も人気が高く、たくさんの方からご注文頂きました。目玉商品として用意していたカットクロスも、生地を求めていらした方に大人気でした。オルヌマンでは、これからも便利なアイテムの開発販売を心がけていきますので、どうぞご期待ください。
長野キルトウィーク2010
ビッグハット:2010年4月22日〜24日
長野キルトウィーク2010
4月末のせいか冷たい雨続きの天候でしたが、長野では2年に1度のイベントという事もあり、熱心な愛好家の方々が多数来場していたという印象の3日間でした。やはりここでも『ログキャビン専用キルト綿』に関心を示してくださる方が多く、掲載された雑誌広告を見て実物を確かめてみたいと足を運んでくださった方もいらっしゃいました。『ログキャビン専用キルト綿』を使用したデモンストレーションを見て「これさえあれば下準備に時間がかからないわね」という感嘆の声を幾つも頂きました。他には、アイロンで簡単にキルト綿同士をつなぐ事のできる『キルト綿ジョイントテープ』も飛ぶように売れました。大きなサイズのキルト綿が無い時や、余ってしまった小さなキルト綿の再利用などにお薦めです。オルヌマンオリジナルの便利なアイテムを、ぜひ一度お試しください! テキスタイルでは、有輪プリント生地が特に好評で完売商品が相次ぎました。弊社ブースへお越しくださり、本当にありがとうございました。
東京国際キルトフェスティバル -布と針と糸の祭典2010-
東京ドーム:2010年1月15日〜23日
東京国際キルトフェスティバル
東京ドームで開催される日本最大級のキルトフェスティバルは、1日約3万人の来場者があり、イベント期間中は大変な混雑ぶりです。年々、海外からのお客様も増えているのですが、弊社ブースでは英語もできるスタッフが数名スタンバイしているので、わざわざ探してまで来てくださった方もいました。大きな商品をお預かりするサービスも好評で、店舗では入手しにくいダブルベッドサイズのキルト綿が大人気!持ち帰り用バッグは、肩から掛けられる便利な不織布タイプです。
今年は『あじろ編みバッグ』と『ログキャビンキルト』をデモンストレーションしたところ、たくさんの方が足を止めて見入ったり、熱心に質問をされている姿が目立ちました。キルト綿にラインがあらかじめプリントされている新商品『ログキャビン専用キルト綿』を手に取り「便利そう!」「こういうのが欲しかったの」と、まとめ買いしてくださるお客様も多く、連日のように品薄状態となりました。ぜひ素敵な作品づくりにご活用ください。
インターナショナル・キルトウィーク横浜2009
パシフィコ横浜:2009年11月12日〜14日
インターナショナル・キルトウィーク横浜2009
横浜開港150周年となる記念すべき本年に、初めてオルヌマンとして出展。このイベントは17回目の開催という事で、場内は国内外から来場したキルター達の熱気に包まれていました。
新商品「ログキャビン専用キルト綿」が華々しくデビュー!
商品を使ったデモンストレーションに対して、会場の皆様から驚く程の反響がありました。その時頂いたご要望にお応えして、ロール巻などのサイズバリエーションを増やす事も決定!カットクロスとして『YUWAの生地』や『USAプリント』を陳列したところ「本当にこの値段なの!?」「掘り出し物に出会えたわ」と大好評で、生地サンプルの申込みをされる方が絶えませんでした。根強い人気の『あじろ編みテープ芯』は15mm〜35mmまでと豊富にバリエーションがあるので、ポーチやバッグはもちろん、ペットボトルホルダーへの利用としてお薦めです。
このページの先頭へ